名刺管理は、箱などに収納する形の管理方法だけでなく、今では、アプリを用いて管理することも可能な時代となりました。

また、今では誰もが使用しているアプリの1つとなっているのですが、使用者にとってのメリットは以下のとおりです。メリットその1は、名刺を探さなくて良くなるというメリットです。

メリットと言えるほどのものなのかと思ってしまう人もおられますが、これは多大なメリットとして評価されています。というのも、人によっては営業、もしくは交渉の席につくことが多いので、人付き合いがかなり多い人もいるからです。

そのような人は、1年間だけで200人前後の人と付き合うこともありますし、これらの人と名刺交換を行うこともあるのです。名刺入れに保管できる枚数ではないので、そこで名刺管理アプリを使用するようになったという人も存在します。

さらに、名刺管理アプリを使用していると、名刺を探す際も楽ができるというメリットがあります。こちらがメリットその2になるのですが、名刺というのは、名前、役職、電話番号、メールアドレスを記載していることが多く、他にも、個人のPRが記載されていることもあります。

これらの情報をすべて記憶するのは大変なことなので、名刺管理アプリを用いて、関連情報をピックアップするという機能が評価されています。名刺管理アプリの場合、名刺に書かれている情報以外を記録することも可能になっているので、ゴルフなどを通じて仲良くなった取引相手、最近になって取引を行うようになった相手というふうに、備考欄に重要な情報を入力することも可能です。

これにより、久々に会った人物であっても、どのような交流があったのかをいち早く知ることができるのです。また、メリットその3となりますが、名刺管理アプリは情報の共有化も可能となっています。

例えば、取引先の社長、もしくは重役から名刺をもらった場合、その情報を、他の名刺管理アプリ使用者に通知することが可能なのです。この機能を使用すると、重要な名刺の情報を共有できるようになりますし、名刺を渡す方も、1回の手間で名刺交換のほとんどを終えられるのです。

このように、名刺管理アプリには優れた機能であり、メリットが多数存在します。ですが、名刺管理アプリにもデメリットはあるので、以下のようなデメリットも理解されてから、名刺管理アプリを導入するかの検討を進めたほうが良いでしょう。

デメリットその1は、顧客情報管理ができるわけではありません。取引相手、顧客情報は似ているようで別物なので注意しましょう。

誤って、名刺管理アプリに入っている情報を、取引相手ではなく、顧客情報管理で登録してしまうと、次回の取引で誤った対応をしてしまう可能性が出てきます。情報量が多い現代社会では、このようなミスが発生しやすくなっているのです。

デメリットその2は、コストがそれほど安くはないという事実です。名刺管理アプリは、無料の管理ツールではコストパフォーマンスが良くありません。

つまり、それほど多くの情報を記録できるわけではない、多機能ではないという問題を抱えているので、サラリーマンが使用している名刺管理アプリのほとんどは、有料のものばかりとなっています。しかも、有料であれば無料よりもコストパフォーマンスが良いというわけではありません。

有料の中にも、使い勝手が考慮されていないもの、重要な機能が欠けているものもあるので、使いやすいアプリを見つけるまでに、かなりの時間を要することがあります。