カテゴリ: archive

ninnkiapuri


アプリというと、あまり高齢者は使用しないイメージがあるため、利用者がまったくいないと思われることもあります。ですが、以下のような高齢者にも人気のアプリが存在するので、今では若者だけでなく、高齢者も頻繁にアプリを使用する時代となっています。

高齢者からも支持されているアプリですが、LINE(ライン)、Skype(スカイプ)という通信用アプリの人気が高いです。アプリ無しでも、スマートフォンであれば連絡を簡単に行えるので、今までは、このようなアプリを使用する必要はないと言われてきました。

ですが、近年になってオレオレ詐欺が流行するようになり、慌てて通信用アプリをインストールする高齢者が増えてきたのです。というのもLINE、Skypeともに、登録されているユーザーから連絡を受けた際、特定のユーザーから連絡を受けたという通知が入るからです。

また、IDにより個人データが管理されているので、オレオレ詐欺の対象になりにくいという強みもあります。オレオレ詐欺の場合、高齢者がいる住居の電話番号を優先して集め、そして、あまり人がいない時間帯に電話をかけて、良く状況を知らない高齢者を騙すという手口が多いです。

しかし、IDの場合はどの相手に接続されるのかわからず、しかも、今ではLINE、Skypeのほとんどは子ども、もしくは若者が多く利用している状況なのです。ランダムに電話をかけたとしても若い人につながることが多く、IDそのものを正確に知られていない場合は、個人データを知られる危険性もありません。

ただし、通信用アプリにもデメリットは存在し、情報を入力する操作を求められるというデメリットがあります。こちらは、若者であれば簡単に対応できるのですが、今までスマートフォンを使用したことがない高齢者にとっては、苦労する作業なのです。

なので、もしアプリの操作を苦手としている場合、初期設定は家族の誰かが行うようにしてあげると良いでしょう。また、今では最初からLINEなどがインストールされているケースもあるので、高齢者用のスマートフォンを探している場合、このような便利なスマートフォンで契約を済ませると良いです。

また、今では文字、ボタンサイズを大きくするアプリも、高齢者から良く支持されるようになりました。高齢者になると、老眼鏡のお世話にならないと文字が見えないという人もいます。

しかし、このような生活を続けているせいで、老眼鏡を使うようになってから視力が落ちた、視力の障害に悩まされるようになったという人もいるのです。ですが、このような悩みを抱えている時ほど、文字、ボタンサイズを大きくするアプリを使用するようにしましょう。

文字が大きく見えるだけで、スマートフォンを楽しく使用できますし、アプリをインストールする際の注意書きなどを正しく視認できるようになります。高齢者の中には、文字、ボタンサイズが不便と感じているため、スマートフォンをあえて利用しない人もいるほどなので、可能であればインストールしておきたいアプリの1つです。

最後に、見守り系アプリというアプリも人気が高いです。こちらは、アプリ利用者がどこにいるのか、どのようなルートで移動しているのかがわかるアプリとなっています。

そのため、認知症をわずらっている高齢者がいる場合、見守り系アプリをインストールしているだけで、迷子になってしまうトラブルを回避できますし、見守っているという安心感のおかげで、余計なストレスを溜め込まないで済むようになります。

人気のアプリの中には、危険性を含んでいるものもあるので注意してください。

例えば、出会い系に関連しているアプリには注意が必要です。近年では、SNSと謳っているにも関わらず、オフ会、もしくは出会いをサポートしていることを積極的にアピールするSNSが増えてきました。

SNSは、同じような趣味、考えを持つものたちで交流を深めるものです。そのため、ほとんどの付き合いはインターネット上で完結することが多く、リアルで出会うというケースはそれほど多くありません。

ですが、人によってはインターネット上で会話したい、恋人を作りたい、もしくは結婚相手を作りたい人もいるため、このような人を狙って作られているアプリも存在するのです。どのようなアプリが該当するのかというと、それは、アダルト関連の出会い系に誘導しているアプリが該当します。

このようなアプリほど、いかがわしい付き合いをサポートしていることが多く、利用時にお金を取られることが多いという特徴があります。また、SNSに在籍しているメンバーの多くは、サクラと言われている人たちで、付き合う気もないのに連絡だけは取り合うということが多いのです。

つまり、アプリ利用者に対して付き合いが発生するかもと思わせる狙いで、サクラを用意しているSNSに誘導しているわけです。しかし、このようなサイトを長く利用されていても、お金を無駄にするだけなので利用しないほうが良いでしょう。

実際に、通常のソーシャルアプリを利用して、一般的なSNSで連絡を取りあっている人の中には、前述のオフ会、出会いを成立させている人もいるので、そもそも、アダルトよりの出会い系に登録、もしくは、そのような出会いをサポートするツール、アプリをインストールする必要はありません。その他の危険性として、いかがわしいアプリをインストールしていると、架空請求詐欺に引っかかってしまうことがあります。

架空請求詐欺というと、過去に何度かテレビで特集されていた詐欺の一種なのですが、今でも、方法を変えて詐欺を行っている人たちがいるのです。ただ、まったく見覚えがない場合だと、架空請求を行っても無視されることが多いので、近年では、SNSなどのサイトに登録させてから、登録の名目に対して詐欺を行うことが増えてきました。

酷いケースでは、悪質なソーシャルアプリのダウンロードを行ってしまうと、スマートフォンの動作そのものが怪しくなるというケースも存在します。このような犯罪を行う人の中には、スマートフォンそのものを使えなくして、使える状態に復帰するための料金を支払わせようと考えているものもいるのです。

なので、なんとなくいかがわしいと感じるアプリ、そしてSNSに関してはインストール、もしくは登録の時点で危険な目に遭うと思ったほうが良いでしょう。このようなトラブルは、事前にレビューを確認しておくことで、リスクを減らすことも可能です。

というのも、レビューがまったく存在しないアプリは少なく、レビュー、評価点数が存在しないアプリというのは、なにかしらのトラブルを起こしているか、もしくは出来が悪いので、誰からも評価されていないという証になるからです。

グルメマガジンアプリのように、地域密着型の情報を提供しているアプリが増えてきました。

グルメマガジンアプリは、グルメに関する情報を特集している雑誌と同じものを、インターネット上で確認できるという便利なアプリです。近年では、ステーキ、ダイエットに効果的な鍋物、健康料理などが有名になってきているのですが、肝心の料理を食べられるお店の情報はそれほど見つからない状況です。

人によっては、インターネット上に存在するレビューを確認して、飲食店を探している人もおられるのですが、そのような人の中には、探すのが面倒でいつも同じ店を利用している人もいます。ですので、もっと食通になるための情報が欲しいという人は、グルメマガジンアプリを使用して、食通になるための努力をされてみてはどうでしょうか。

グルメマガジンアプリには以下のようなメリットがあります。なので、何気なく使用しているだけでも食通になれるだけでなく、新しいジャンルの料理などを事前に知ることができ、情報通にもなれるというメリットもあります。

グルメマガジンアプリのメリットその1は、料理に関する、もしくはグルメに関する雑誌をアプリだけで確認できるところです。誌面の場合、多くの情報が飛び込んでくるので、そもそも情報を捌き切るだけの知識がないと、長く読んでいても雑誌を読んだという実感、そして効果を得られません。

しかし、グルメマガジンアプリの場合は、地域密着型となっているので、アプリ利用者が住んでいる場所の近くに、どのような美味しいお店があるのかを簡単に知ることができるのです。また、グルメマガジンアプリのメリットその2となりますが、先ほどの最寄りの飲食店をまとめて検索できるのもメリットの1つです。

というのも、少し歩くだけで美味しいお店が見つかるので、交通費を節約できることが多いからです。また、一度利用したことのあるお店は、マッピングから消去することも可能になっているので、グルメマガジンアプリは食べ歩きにも対応しているアプリだと言えます。

グルメマガジンアプリのメリットその3は、男性、女性を分けて人気の料理をピックアップできるところでしょう。アプリのほとんどは、それほど画面サイズが大きくないので、多くの情報を1つの画面に集約することが苦手です。

その代わり、細かい要望に合わせて情報を検索してくれる機能が存在するため、男性向け、女性向けのお店を探すのも難しくありません。例えば、男性の場合はボリュームたっぷりの中華料理店を探す、女性の場合は口臭が気にならない中華料理店を探すといった、特殊な要望に応えてくれるグルメマガジンアプリも増えてきました。

その他のメリットでは、グルメマガジンアプリを読むようになり、食通、情報通になることで、色々な人とコミュニケーションを取れるようになるというメリットもあります。人によっては、あまり人付き合いが好きではないという人もいます。

ですが、グルメマガジンアプリを使用していると、自分が好きな情報ばかりを集めることができるのです。他のグルメマガジンアプリ利用者と連絡を取る際も、同じように料理好きであることを知っている状態で、親睦を深めることができるため、コミュニケーションツールの1つとして、グルメマガジンアプリをインストールする人も増えてきました。

このように、グルメマガジンアプリには多くのメリットがあるのですが、デメリットもあるので注意してください。例えば、ダウンロードまでの時間が長いので、容量に余裕が無い時はダウンロードしないほうが良いでしょう。

ソーシャルアプリの中には、高齢者用のソーシャルアプリも存在します。

若い人向けのソーシャルアプリと、高齢者用のソーシャルアプリの違いですが、以下のように、目に見えて大きな違いがある状況となっています。まず、若い人向けのソーシャルアプリであれば、友達、恋人といった限定的な相手を募集できるようになっています。

そのため、人気の高いSNSを利用できるソーシャルアプリを用いていると、1日間で10人以上の人から声がかかるということもあります。高齢者用のソーシャルアプリでは、基本的にこのような盛んな交流は少ないと思ったほうが良いでしょう。

というのも、今では趣味友と呼ばれている、趣味を通じて付き合える友達を募集している人が多いからです。高齢者の場合、旅行、もしくは碁といった、限られた趣味に対して友達を募集することが多く、とりあえず趣味が合う人であれば、誰とでも付き合って良いと考えている人もいるのです。

昔と比べて、今では多種多様な趣味が存在するだけでなく、独特な価値観で生きている人が増えています。そのため、同じような価値観を持っている人に対して、強い興味、親近感を抱く高齢者が増えてきました。

また、このような明確な目的が存在するので、高齢者用のソーシャルアプリは、シンプルな作りになっているものが多いです。例えば、趣味と言っても前述のように複数の趣味が存在しますので、どのような目的でSNSを利用するのか、こちらを事前に決めておけるようになっているのです。

例えば、旅行、碁であればどちらかを選択し、そして、どのような人が検索上で見つかったのかという情報が入手できます。また、SNSにいる高齢者のすべては、友達が欲しいわけではないので注意してください。

人によっては、半年間ほど付き合ってから友だちになっても良いという人もいますし、話が合うようであれば、すぐにでも友だちになっても良いという人もいるのです。ここで重要なのは、SNSに登録されているアカウントを確認しているかどうかです。

SNSのアカウントには、利用者のPRだけでなく、利用目的が明確に記載されているので、まずはこちらを確認するようにしましょう。人によっては、趣味を通じて対戦相手を欲しがっているだけというケースもあります。

現代の高齢者の中には、高齢者とは思えないほどバイタリティが高い人もいますし、色々なことにチャレンジしている人もいるのです。そのため、ネットを介して対戦ゲームを行いたいという人もいますし、一緒に、趣味の大会に出られる人を探している高齢者も少なくありません。

このような情報は、PRの欄に記載されていることが多いので、なるべく、相手に連絡を行う前にはPRも確認しておいたほうが良いでしょう。それと、利用者の中には同性としか連絡を取り合わないという人もいます。

限られた人物とコミュニケーションを取りたい人の中には、このような対応を取る人もいるので、ソーシャルアプリを用いて、なるべく情報を簡略化した上で交流を図ったほうが賢明でしょう。

SNSといった、ソーシャルによる出会いをサポートするアプリが増えてきました。

ですが、使い方を知らないで使用していると、かえって出会いの効率が悪くなってしまうだけなので、今回は、基本的なソーシャルアプリの使用方法だけでなく、目的別でソーシャルアプリを使用するコツを案内させていただきます。まず、ソーシャルアプリというのは、SNSといったインターネット上の交流場を、使用しやすくするためのサポートツールのようなものです。

SNSを直接利用するのと何が違うのかというと、例えば、メッセージなどのほとんどはテンプレートで用意されているため、メッセージを選択するだけで、他の人と交流できるようになっているのです。人によっては、ソーシャルアプリを使用していないだけでなく、気持ちが昂ぶったり、焦ってしまっているため、いきなり自己紹介を始める人もいます。

ですが、ソーシャルを利用する際は、まず目的に合った人と会うことが重要となってきます。なので、ソーシャルアプリの案内に従って、アカウント情報を設定するようにしましょう。

アカウントとは、インターネット上で使用可能なもう1人の自分です。こちらには、ニックネーム、大まかな住所(お住いの都道府県)、好きなもの、嫌いなものを入力できるようになっています。

つまり、SNSであれば個人情報を細かく知られることなく、相手との交流を深めることができる場所でもあるのです。補足となりますが、個人情報をインターネット上に書き込むことは可能になっています。

ただし、SNSではこのような行為が盛んに行われた場合、警告、もしくはアカウントの停止になることがあるため、なるべく、ソーシャルアプリを入れておくと良いでしょう。というのも、ソーシャルアプリを使用している場合は、危険な行動を察知してくれるため、個人情報を書いてしまう危険性、クリックしてはいけないURLをクリックする危険性を回避できるのです。

次に、付き合いに対する誠実な希望を設定しましょう。近年では、リアルで人と出会って友達、知人になるケースが減ってきており、代わりに、インターネット上で友達などを作る人が増えています。

これは、ソーシャルアプリを用いてSNSを利用する場合も同じで、最終的に友達になりたいのか、それとも恋人以上の関係になりたいのかを、先に設定しておく必要があるのです。もし、このような情報が欠けていた場合、SNSでは不誠実と思われることもあるので注意してください。

SNSを利用している人のほとんどは、何か目的があってSNSを利用されているのです。また、友達などが欲しいという理由で、自分のメールアドレス、もしくは、相手のメールアドレスを聞き出そうとすることも良くありません。

今まで、ソーシャルアプリ、もしくはSNSを直接利用したことがない人に限って、このようなミスをしてしまう人もいます。ですが、このような行動を取ったとしても、積極性よりも事件性を疑われてしまうので要注意です。

SNSのほとんどは交流が目的なので、よほど仲良くならない限りは、メールアドレスの交換などは行わないものと理解しておきましょう。

↑このページのトップヘ